ご挨拶

ご挨拶

IT活用のシンクタンク ~インターディシプリナリー&次世代人材育成~
2005年11月11日にP.ドラッカー博士は、95歳で現役のまま鬼籍に入られました。 弊社名のテクノロジストは博士の「20世紀は大経営者の時代(大企業が社会を動かす)、21世紀はテクノロジストの時代(金ではなく信念で働き、達成感を喜びとするテクノロジストが動かす)」に拠っています。
新設(2003年7月)のシステムコンサルティング会社として次のビジネスコンセプトを掲げて進めてきました。
  1. 源流コンサルティングを原点とする。
    源流:上流のもっと上、システムがまだ姿を顕わさない段階
  2. 次世代型のシステムコンセプト形成に努め、これを発信する。
    いつの時代にもそれまでとは一線を画するコンセプトが生まれる。
  3. 次世代を担うテクノロジストの育成を支援する。
    ユーザ企業:
    経営者や現場と会話をしてIT企画、業務プロセス改革のできるBA(Business Analyst)、IT企画要員を育成する。
    情報サービス業:
    経営者・現場・IT部門と会話をしてシステム発想できるシステムコンサルタント、コンサルティングSE、コンサルティング営業を育成する。
  4. テーマに応じてその都度、社内外のテクノロジストとプロジェクトを組んでサービスを提供する。
    Web百科辞典Wikipediaのシステムコンサルティング版
  5. ほどほどではなく、一流を目指す。
幸い趣旨に賛同いただき約85社の企業よりご活用をいただき、今日に至っております。
2011年10月より、これまでの経験・実績を踏まえて、「IT活用のシンクタンク」を企業コンセプトとしております。

当社のIT活用のシンクタンク
  1. インターディシプリナリーな視点でIT動向を捉え、IT活用のアドバイス、提言、情報発信を行う。
  2. IT活用の新時代に相応しい次世代の人材育成を支援する。
  3. IT活用の新時代に相応しい次世代コンセプトの形成を支援する。
  4. インターディシプリナリーな情報交換の場を提供し、参加者と共に「正しいIT(活用、ビジネス)」を求めていく。
    • 情報交換会を3月、9月の年2回開催
    • ワイン会(あたご小西:サロン)を適宜開催
  5. 業際×ITのコンセプトでの新事業企画を支援する。
  6. 出版、情報発信をする。
    • 2013年11月『テクノロジストの遊歩道』
      一般書店では販売しておりません。弊社へ直接お申込み下さい。
    • 毎週:フォローアップ育成塾
      情報サービス業の育成塾卒業生へ

第一歩 …後藤静香「権威」より

十里の旅の第一歩
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟がちがう

三笠山にのぼる第一歩
富士山にのぼる第一歩
同じ一歩でも覚悟がちがう

どこまで行くつもりか
どこまで登るつもりか

目標が
その日その日を支配する


創業10周年記念出版のご案内

正しいIT活用、正しいITビジネスとは何か。
次世代ビジネス、次世代システムはどのように発想するか。
どうすれば事業計画、コンサルティング営業ができるのか。
どうすれば、BA、システムコンサルタントになれるのか。

経営者、BA、システムコンサルタント、IT企画要員、事業企画要員、コンサルティング営業、PM、SEに向けて、テクノロジストコンサルティング株式会社のテクノロジスト黒岩暎一が、創業10周年の節目を迎え、これまでを振り返り、感謝の意を表したいと思い、本書を執筆するに至りました。
内容は、インターネットでは決して読むことのできないものです。筆者自身が直接多くの先達、経営者から教えられたことです。
本書が、これから起業する人、新規事業企画や、儲かる仕組みを検討される人の参考になればと願うばかりです。
勿論、BA、システムコンサルタント、コンサルティング営業、事業企画を目指す人たちの参考になればと思います。
そして、IT技術以外に鍛錬をしなければならない経営者としての目線、情操に少しでも気付いていただければ本望です。

黒岩 暎一



テクノロジストコンサルティング株式会社